label

はじめに

モノづくりの先にはそれを使うヒトが存在し、モノとヒトとの間には多くのコンタクトが発生します。
私たちはライフスタイルにおいて必要なモノやコトにコンタクトするデザインを信条としています。

モノガタリの
デザイン

マーケットにおいて選択の動機となるものは何なのか。
そこには二つの”モノガタリ”が隠れています。
①物語(つくり手の歴史、背景、アイデンティティ)
②モノ語り(プロダクト・サービスが直接訴えかけてくるなにか)
この二つをデザインすることで、ユーザーにとってそのブランドやプロダクトが特別なモノとなります。

デザイン
リソースの活用

テクノロジーの進化によって私たちの生活は豊かになり、世の中にはたくさんのモノが溢れています。
では、そんな状況下で新たな価値を生み出すには何が必要か。
モノの物質的価値は時代と共に変化しますが、文化的価値はヒトと共に生き続けます。
デザインを物質的に消費するのではなく、文化的資源として活用する事がこの先の時代を生き抜くための新たな価値になると考えます。